スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)

 自民党は25日、夏の参院選宮城選挙区(改選数2)に現職の市川一朗氏(73)を推薦候補として擁立することを決めた。党宮城県連は公募で公認した元中学校教諭、熊谷大氏(35)の単独擁立を決めており、「1議席の確保すら危うくするきわめて危険な『賭け』だ」として大島理森幹事長に対し、市川氏推薦の撤回を求める抗議文を提出した。参院選公示を1カ月後に控え、自民党のゴタゴタはなお絶えない。

 県連が1月に実施した公募では、熊谷氏が市川氏らを抑えて公認を得たが、市川氏は過去3回当選した実績を強調、無所属での出馬も辞さない姿勢を示してきた。ある党幹部は市川氏の推薦決定について「市川氏の票を宮城県出身の比例代表候補、門伝英慈(もんでん・えいじ)氏(47)に回すためだ」と説明する。

 だが、宮城県連会長の小野寺五典衆院議員は「自民党が新しく生まれ変わったと思ってもらえるためにも公正な公募で選ばれた公認候補の当選に全力を注ぎたい」と不満を隠さない。

 市川氏の推薦には谷川秀善参院幹事長が強く後押ししたとの指摘もある。谷川氏は25日の記者会見で、市川氏の後援会関係者と接触したことを認めた上で「市川氏には支持者もたくさんいるのになぜ県連は公募したのか不思議に思っていた」と強弁した。これについても小野寺氏は「(谷川氏が改選となる)3年後の参院選で地元・大阪(改選数3)で自身を含めた3人が戦えばいい」と痛烈に批判しており、参院選の遺恨は今後も尾を引きそうだ。

皇太子さま、「みどりの愛護」のつどいに(時事通信)
ワクチン接種、新たに3市1町で=牛にも実施―口蹄疫問題(時事通信)
遊技会社員からも席入手…観戦の暴力団幹部ら(読売新聞)
社民党の「ぐじゃぐじゃ」迷走 連立離脱するのかしないのか(J-CASTニュース)
首相、究極の“二枚舌” 「辺野古」明記せず 普天間移設政府方針(産経新聞)
スポンサーサイト

「一部ユニット型」特養、9都県市が国に要望書提出へ(医療介護CBニュース)

 特別養護老人ホーム(特養)のユニット型個室の推進を目指す国に対し、一部の自治体が多床室の併設も必要と主張している問題で、首都圏の9都県市の知事や政令市長らは、多床室併設を求める要望書を近く国に提出することを決めた。

 5月13日に開かれた「9都県市首脳会議」で、埼玉県が提出した緊急要望書について、9都県市首脳らが全会一致で合意した。遅くとも月内には国に要望書を提出する。

 緊急要望書では、一部ユニット型の整備が、特養の入所待機者解消や低所得者の負担軽減など多様な需要に対応できると指摘。その上で、「多床室とユニット型個室との合築を認めるなど、地方の実情に応じた柔軟な施設整備が行えるよう強く要望する」としている。

 一部ユニット型について、国は個室部分の介護報酬を、従来型の基準で取り扱うとしているが、9都県市はユニット型個室部分を従来型より報酬が高い「ユニット型」として認めるよう求める方針だ。
 この問題では、埼玉県と群馬県が、併設型のユニット型個室部分の介護報酬について、「ユニット型」として認めていることが明らかになっている。

 9都県市は、▽東京都▽神奈川県▽埼玉県▽千葉県▽川崎市▽さいたま市▽相模原市▽千葉市▽横浜市―。


【関連記事】
進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声-特養・個室ユニットの行方(1)
佐賀県の「一部ユニット型」特養、国と異なる解釈で報酬を算定
神奈川県が「一部ユニット型」の認可を検討、6月新設の特養に
特養整備、大都市中心に多床室に「舵切りつつある」―厚労省課長が認識
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省

テント飛ばされ、生徒10人負傷=中学体育祭で―滋賀・近江八幡(時事通信)
「マニフェスト」民主のせいでイメージ悪化?(読売新聞)
おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)
内閣支持率19.1% 世論調査 首相辞任を49.2%(産経新聞)
狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)

近代化の歩み後世に 宮内庁、古写真デジタル化(産経新聞)

 日本の近代化の記録を後世に残そうと、宮内庁が明治から戦前までに撮影された古写真のデジタル化に取り組んでいる。写真は当時の国情を視覚的に伝える“報告書”として、天皇のお手元にのぼったものだが、退色などの劣化が問題となっていた。

 宮内庁はデジタル化した写真をホームページで公開することも検討しており「検索機能や解説を充実させたデータベースを構築し、多くの国民に利用してもらいたい」と話している。

 ◆保管3万点

 宮内庁で保管する古写真は約3万点。明治天皇の行幸先でお付きの写真家が撮影したものや、地方自治体が近代化の進捗(しんちょく)状況を報告するために献上したものなどだ。

 関東大震災で倒壊した東京・浅草の高層建築、凌雲閣(りょううんかく)、沖縄戦で破壊された首里城、まげを結い着物をまとった男たち…。色あせた写真の中には、貴重な景色が広がっている。

 天皇のそばに仕える侍従職によって保管されてきたが、昭和12年に約1万点が当時の宮内省図書寮(現宮内庁書陵部)へ。残り約2万点が三の丸尚蔵館に引き継がれた。

 明治期の写真の特徴について、三の丸尚蔵館の学芸員は「台風や地震など自然災害の惨状を写した写真が多い」と話す。テレビはもちろん、新聞の写真製版もなかった時代。地方から届く写真が各地の様子を伝えるメディアの役割を果たしていた。「こうした写真をみて、明治天皇が被災地に救済金を贈られることもあった」という。

 貴重な写真は、温度や湿度が厳重に管理された倉庫で保管されてきた。しかし、年々劣化が進んでいる。

 古写真の印画紙に用いられていたのは主に、卵白を薄紙に塗り乾燥させ、硝酸銀水溶液で処理した「鶏卵紙」と呼ばれるもの。「鶏卵紙は光に非常に弱いため、調査や研究で出し入れするたびに色があせてしまう」と書陵部の担当者は話す。

 ◆公開を検討

 古写真の現状を維持しながら倉庫で保存していくことが難しくなる中、書陵部は平成18年からデジタルによる保存を始めた。三の丸尚蔵館でもデジタル化を進めている。

 現在、古写真を閲覧するには申請書を提出するなど煩雑な手続きが必要だが「将来的にはインターネットで閲覧できるようにしていきたい。郷土史などの研究に役立ててもらえれば」(書陵部)と話している。

 約3万点すべてをデジタル化するには開始から10年以上を要しそうだが、担当者らは作業が終わったものから一般公開ができないかと検討している。(篠原那美)

<核軍縮>田上長崎市長ら参加 NYで非核兵器地帯創設会議(毎日新聞)
「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
<訃報>茅野亮さん75歳=元すかいらーく社長(毎日新聞)
シベリア抑留中の文集・写真見つかる 過酷な生活、望郷の念(産経新聞)
プロフィール

かしまよしひろさん

Author:かしまよしひろさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。